3月最終日

IMGP9228

3月最終日の本日の金・プラチナの貴金属相場は、金-59円・プラチナ-10円でした。

今日は月末・且年度末な上に相場も下げているので、取引の有る業者様は皆さんバタバタなので買取期待はしていませんでした。
でも・・昨日「x線検査預かり」の物が買取になったり、何時も良くして頂いている業者様が来店されたりで、僅かではありましたが買取が出来ました。

3月は少し相場も戻り基調になった為か、1・2月から比べると大分貴金属の買取量が増えて参りました。
朝「買取元会社」の担当と話していた時に伺った情報ですが、九州地区の市場については・・買取量が増えて来た店と逆に減少した店が出てきていて、段々と格差がついてきている・・との事でした。
比較的3月は相場も良好な時が多く買取量も増えるのですが、此のままの調子で4月も買取量が増えてくれると大変助かるのですけれども・・(^^;
ただ・・貴金属の買取量が増えているのに対して最近切手の買取が減少しているのと、ダイヤモンドの買取が安定しないのが不安要素です。
ダイヤモンドについては先日も記載致しましたが、私は昨年秋頃から価格が下落している事が解かっていましたけど、国内では最近になって下落しているとの情報が伝わっているので、今後どの様に流れて行くのかが読めません。