プラチナよ何処へいく~?

IMGP8974

本日の金・プラチナの貴金属相場は、金は+8円でしだか、プラチナは-87円と大幅安でした。

此の処ずっと下げ相場が続いておりますが、金は時折値を戻したりして何とか踏み止まっているものの、プラチナは下げっ放しの状況で、金との価格差がどんどん広がっています。
以前は金よりも大分プラチナの価格のほうが高かったのですが、今ではインゴット価格で700円以上も安くなっております。

プラチナはレアメタルの一種になり現在の流通量や地下の埋蔵量は金よりも遼に少ないのですが、其の利用方法は全体の7割以上が自動車の触媒や精密機器の様な工業用に利用されていて、指輪やネックレスの宝飾に利用されているのは少なく宝飾で利用するのは日本が殆どの様です。
なので・・ハイブリット車や電気自動車の様に排ガスが少ない車が増えてくると、当然に使用量が減少していくのは自明の理ではあります。
また、工業用に置いても様々なレアメタルが発見・発掘されていてプラチナに変わる物が出てきております。
この様な流れから少しずつ価格が下落していくのは当然の事として理解は出来るのですが、其れにしても今年に入ってからずぅ~と下げ続けていて・・此の急落には私達素人には理解が出来ない部分もあります。

この様な相場の本日ですが、朝一で先週郵送で貴金属を送って来られた郡部の業者様が代金の受取に来られました。
何時も年配の社長の代わりにお嬢さんが来店されるのですが、とても美人で品のある女性で1度お会いした事のある妻が「綺麗で品のある女性ね」と絶賛しておりました。
久々の来店という事も有り、暫し話し込んでしまいました・・(笑)

午後からは近所の業者様の若社長が来店されて、多少の買取をさせて頂き「お客様を獲得していく為」の戦略等々、此れからの商売の有り方を話したり致しました。
ただ・・買取自体は此の1件だけで、矢張り「鶴屋」がお休みの時は人の出自体が少ないですね・・(T_T);