ダイヤモンド | 熊本の買取専門セーフティーゴールド

ダイヤモンド

昨日に続き本日も金・プラチナの買取は順調に推移致しました。
昨日買い残しをした業者様に朝一で訪問して買取させて頂き、事務所に帰る前から電話で来店予約が続けて入って来て、午後からは来店と電話問い合わせのラッシュでした。

本日配布の「すぱすい」に広告を出したのと、先日からTVで「ダイヤモンドが高い」と放送している関係か、ダイヤモンドに関する問い合わせが多数入って参りました。
ただ・・1ctのダイヤが1,000,000円で売れないか・・との無謀な価格での問い合わせも有り、困ってしまいました・・(^^;
バブル期に買ったダイヤモンドらしく可なり高かった様ですが、現状1ctのダイヤモンドですと一番グレードの高い物でも、精々800,000~900,000円が限度で、問い合わせの有ったお客様のお持ちの物は真中位のグレードの物でしたので、御希望額の半分位の買取値にしかならない旨の説明をさせて頂きました。
又、手元に鑑定書が無くて重さを表すカラットしか解らず、グレードや色・カットも不明なままのお問い合わせが多くて、実際に拝見してみないとお答出来ない内容のお問い合わせも多々御座いました。

そんな中郡部から来られた業者様が金の売却と合わせて、お客様から2.25ctのダイヤモンドを預かって査定に来られました。
1ctのダイヤモンドは毎月何個か査定し買取もさせて頂いておりますが、2ct超のブリリアンカットは中々拝見する機会がありませんので、矢張り大きく感じました。
カットも比較的良くてテリもありましたが、残念な事にテーブル(真中の四角くカットされている部分)の中に多数のカーボンや内包物が有り、大分グレードが落ちてしまいプラチナ枠を含めて800,000円の査定をさせて頂きました。
お客様に査定価格で良いか確認をされると言う事で一旦持ち帰られましたが、後ほど電話を頂き「お客様から此の価格で了解を頂いたので後日持って行くか郵送致します」との連絡が御座いました。
此れは私にとっても一つの賭けの査定でもありました。
内包物が1つだけで有れば私の査定に間違えは間違いは無いのですが、他に多数有ったので鑑定機関に出したらグレードがワンランク落ちる可能性が有り、グレードが落ちた場合150,000円程の損失が出る可能性が有るので・・(T_T);
大きなダイヤモンドを査定する時には、微妙な内容の物は本当にハラハラ・ドキドキです・・(^^;

今日はバタバタでしたので画像は撮っておりませんが、165g・570,000円の貴金属の買取でした。